top of page
  • alu

失敗した体験を正しい認識で受け取り直す。





人は人生で間違いや失敗の体験をします。

人生での失敗は自分で受け止めることが大切です。


自分の良いところも悪いところも、どちらも大切な自分自身の一部です。



人間は陰陽で成り立っています。

心の中にある光と影は互いを支え合っています。


自分の失敗を認められないと本来の自分を知る機会を失い、人生は過ぎていきます。



人間は本来の自分を知り本来の自分を生きるためにこの世を生きています。


これまで信じてきた考え方を見直すために、魂が自分自身のために失敗する体験を引き起こします。



人は失敗をすることで心が動揺します。


人は心が大きく揺さぶられることで自分が信じている考え方が、本来の自分の本心に一致するものなのかを確認します。


自分自身の目を背けたくなる部分やネガティブな感情を否定して自分から切り捨てないでください。


否定している自分の一部を心に受け入れた時に心の奥深くに隠している本来の自分に気づきます。


そして今の自分に一致しなくなった信じている考え方を手放して自分を変える決心をする時に、魂が本来の自分を生きるための最善のチャンスを与えてくれます。



人間は魂が望む学びを終えるために、この世へ生まれています。



失敗した体験によって揺れ動く心を観察してください。


失敗した体験を、自分の意志で心の中心に持ってきた時に心の中の淀みは流れていきます。



失敗した体験が、自分のしあわせを許す心を与えてくれます。



失敗した原因を自分の心に受け入れたなら魂と身体が一体になり、本来の自分を生きる力に変わります。




bottom of page